.

Monthly Archives: 10月 2014

You are browsing the site archives by month.

うつわ恋慕

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141028184133_319759622.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141028184133_307173347.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141028184133_769364079.jpg
海が好きです。
ことさらに好きです。

あさりの砂抜きをするときは海に思いを馳せます。
海のしょっぱさを、こう、思い出しながら、自分の感覚を研ぎ澄ませて偽海水(塩水)をつくります。
そのオリジナル海水で、あさりが元気にニョロニョロし始めると、よし!と。
海水を作れた!
自分はまだ海を忘れてなかった!
海のプロあさりに認められた!
なんて(*^^*)
かなり大袈裟ですが少し嬉しくなります。
しかしながらここからが葛藤です。
ニョロニョロしだしたあさりが可愛くなってしまうからです。
お茶目に潮を吹いてみたりなんかして、
模様なんてオシャレすぎて、
もう、可愛すぎて神です。。。
このまま飼ってしまおうかな。。。
とかなんとか思いつつも。
熱したフライパンにホレと投入。
酒蒸しの刑に( ノД`)
今日もたくさんの命をいただく。いただきます。
感謝。

最近また料理が楽しくて
意外に、まだ趣味で陶芸を習ってたころの下手くそ~な器なんかが料理を素敵に演出してくれたりなんかすることに気付く。
「上手くなりたい。」ってずっと思ってきたけど、
上手ってなんだろうか。
綺麗な仕事をすることばかり考えてたような気がする。

もっと、ほっこり温かい器がつくれるようになりたいです。

プチ卒業旅行

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141018113712_084347304.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141018113712_554206290.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141018113712_401343077.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141018113712_681443001.jpg
卒業から半月ぶりに同級生集まって日帰り弾丸旅☆
(先生が連れてってくれた!)
焼き物の町、岐阜県美濃多治見へ。
大織部展と美濃陶芸フェスティバルと
ついでに加藤卓男展を観てきました。
見応えあって脳みそ活性しました!
セラミックパークでのランチが変わってて、素敵な器で食べたあとはその器をお土産として持って帰れるシステム☆
テンション上がったけど、ご飯が少なくてすぐお腹すいたー(*^^*)
そのあと加藤卓男さん作の抹茶茶碗で美味しいお茶をたててもらって幸せ(●´▽`●)
帰りに初めての味噌カツ(●´▽`●)
久しぶりに勉強したせいかお腹すいて、何食べても美味でしたー☆
わたしも早く陶芸できる環境をつくらなくては。。
自宅を工房にするべくあれこれ考えてみている。
でもなかなか進まない。
最近は夢の中でロクロをまわしたりしてる(*^^*)
今回の旅でまたひとつアイデアが増えた(●´▽`●)
夢の中ではなくて、実際に、ロクロを回しにいかなくちゃ!

おやぢ猫

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141015014429_292384087.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141015014429_398730071.jpg
実家に遊びに行った。
実家には可愛い可愛いニャンコが3匹居るのだけれど、
3匹が3匹とも私を見て「誰!?」と警戒した。
長男は相変わらずオットリだけど
次男三男に至ってはベッドの奥の奥~に隠れて出て来なくなった。。。
実家に帰るのは久しぶりだとは思っていたけど、
まさかの正月以来だって。
11ヶ月弱。
もうほぼ1年ぶりだとは自分でも驚きだった。
猫にも忘れられてしまったようだ。。。
かなり、かなり切ない。
近いのに遠い実家。
ほんとはとても近い、なのになぜか遠い。。。
久しぶりの実家で更に驚いたことといえば、最近の母のコレクション。。。
どういうわけか猫達の毛を梳いては集めているらしい。
猫毛(ニャモウ)クッションでも作るつもりなのだろうか。
猫の三男坊はもともと私になついてスリスリしてくる子だったのだが、とうとう最後の最後、帰り際に少しすり寄る程度しかスキンシップできなくて私は消化不良。
たくさんたくさんワシャワシャまた遊べるように、たまには帰らなきゃなぁ。
写真は三男。
相変わらずオヤジ座りのニャンコです。

琉球愛歌

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141008235959_078327004.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141008235959_629150118.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141008235959_237673417.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141008235959_563054242.jpg
長い沖縄の旅から無事戻って参りました。
今回の旅の後半は、台風が近付き、海にも入れなくなってしまったので
島からギリギリのフェリーで本島に渡り、何日かかけてゆっくり本島一周してきました。
これまでとはまるで違う沖縄を目のあたりにしました。
今まで私は戦争のことを勉強もしないで話も聞き流してそのまま大人になって、戦争のこととかあんまり知らないとか、怖いから聞きたくないとか、よくわかんないとか、恥ずかしい話ですがそんなふうに生きてきてしまいました。
沖縄の各所にいまだ残る戦争の傷跡と平和への祈り、
知ってて見て見ぬふりで、それで沖縄大好き!だなんて。恥ずかしかったです。
海が綺麗で、みんなが呑んで歌って踊って、明るい幸せな沖縄しか知らなかった。
わたしは何も知らなすぎた。
かといって、この旅で知ったことなんてほんの少しだけれど。
今回本島の各所を巡るうちに、
なんだかものすごく晴れていて、いつも通り波は穏やかで透き通る海なのに、
そんないつもの景色も、だんだん淋しさを纏って見えるようになって、
いつもと変わらない自分なのに、
たださとうきびが揺れてるだけで涙が出るような感覚になって、
まさに心の中に「ざわわ ざわわ」って淋しく流れてきては、山葵が遅れて利いてきたみたいに鼻の奥がツーンとなるような、そんな感じに囚われて。
いつも神様には自分のことばかりお願いしてきたけど、
この旅で、神様でもなく仏様でもなく誰にでもなく、ただ、
わたしも世界の平和を祈る日々に変わりそうです。
なぜ戦争が起きたのか
なぜ沖縄が戦地になってしまったのか
その時沖縄のひとたちがどんな戦い方をして、どんな亡くなり方をしたのか、
よく島のオジイから戦争の話を聞かされてたんだった。
でもあんまりちゃんと聞いてなかった。。。
オジイは85歳で少しずつ忘れ物も増えてるけど、いまだに当時のことは日付けも時間もはっきり覚えている。
それだけの経験をしたってことだろうけど、わたしときたら何て軽率だったんだろう。
もう一度いまの気持ちで、ちゃんとオジイから話を聞きたい。
聞いたところでわたしになんか到底わからないんだろうけれど、せめて、ちゃんと聞きたい。
きっといきなり平和を祈るとか、変なんだけど、
そんなに簡単な話ではないのだけど、
いまさらながら沖縄のそんな一面を知り、
帰宅してからいろんな文献をみたりして、それでもわたしの知り得たことなんてとても小さく、そして確かではないかもしれないけれど、
でも次沖縄に行けるときは、また違う気持ちで、違う旅になるだろうな、と。
なんにも分かっちゃいない私だけれど
せめて、
平和な今に生まれたことに感謝してもっともっと大事に大事に生きてみたいと思った。
今回はヤンバルのジャングルでも遊べたし、マングローブの探検も面白かった。
いつもと少し違う沖縄もまた、さらに素晴らしかったです。
ただ、
島から渡るフェリーが揺れすぎて、早い段階から酔ってしまったのでそれは地獄を見ました(*^^*)
もう内臓も口から出てしまうかなとか、もうこのまま死んでしまうかもしれないと思いながら、薄れる意識の中で、でも船酔いで死んだ人の話は聞いたことないよなぁ、とかぼんやり思ったりして、
フェリーを降りてからもしばらく症状が軽くならず、でもなんだか体から悪いものが全部出ていってくれたような気持ちになって、
あれから、こころなしか体質が変わったような気がして、
この旅でココロもからだもリセットされたようで、
ここからまた新しいわたしで、精一杯生きてみようと思います(●´▽`●)

ウミガメビーチ

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141002224920_776110397.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141002224920_169020833.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141002224920_618764865.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141002224920_951914124.jpg
きのう島で会った旅人からのウミガメ目撃情報をたよりに、今日はお隣の座間味島の阿真ビーチに行ってみた。
ウミガメは満潮時に藻を食べにやってくるという。
阿真ビーチは初めて入ったけど、昨日のニシバマビーチより透明度は上かも!
そして浅いところにもカラフルなお魚がたくさんたくさん居て深いところに行かずに済んだのでビビりなわたしには阿真ビーチはぴったりだと思った。
今日の満潮は13時過ぎ。
カメさんが来る前にちょっと早めに自分らもお昼ご飯を食べようと小さな集落をぶらぶらするも、この集落に二つあるはずのパーラー(こっちでいう軽食屋さん)両方とも「OPEN」って札が出たまま閉まってる様子で、飢え死にするかなって、どうしようかなって、思ってたら、集落の端っこに小さな商店を発見して、この旅でどれだけたくさんの沖縄そばが食べれるかなってコレクションしてる私としてはやはりカップラーメンでも沖縄そばを食して飢えを凌いだわけでした。
それからビーチに戻ると、
もともと五人ぐらいしかいないビーチの客がひとかたまりになっていて、
もしかしてもしかしてっって泳いで行ってみたら!
居た!
カメさんのんびりのんびりハムハム海藻食べてたー(●´▽`●)
今までダイビングでもウミガメには会えたことがなかったのに、
ビーチで、しかも足が着くような浅瀬で、こんな近くで会えるなんて。
かわいくてかわいくてずーっと一緒に泳いでたら、もう一匹、もっと大きなカメさんがハムハムハムハム現れて、もうカメラの電池無くなるまで写真撮ってた。
しあわせ~(●´▽`●)
また会いたいな~(●´▽`●)
そのあと阿嘉に戻ってパーラーで食べたカレーとぜんざい(あんこにかき氷を乗せたような沖縄のスイーツ)が、景色と空気と時間のゆるゆるも手伝って、こんなに美味しいものあったんだ、ってぐらい美味しかった。
どうしよう、毎日こんなふうに暮らしたい。
本当はもっともっとこの島に居たかったけど、
台風が近づいて来てて心配なので明日違う島に旅立つことにした。
オジイとの最後の夜、
「もっと居たらいいのにぃ」って淋しそうに言ってくれて、わたしは少し泣きそうになったけど、
また必ず、すぐ来ると約束して、
また来年来ようかなって、
それとも、また沖縄で暮してみようかな、って、
いろんな気持ちで眠れない。
沖縄の人は長寿だと聞くけど、その理由がなんかわかる気がする。
たまに来るからいいんだって言う人もいるかもしれないけれど、
わたしはそれ以上の繋がりをこの島に感じる。
10年前、この島で暮らしてみたことがあった。
少しつまづいてた私に、ただ太陽が登って、ただ太陽が沈む、ご飯を食べて眠る、なんにもなくてもただ生きてるだけで幸せだなぁって、そんな気持ちを教えてくれた慶留間島。
10年前よりずっとサンゴもお魚も減ってしまったし、
10年前は星ももっともっと、降るように見えた。
たった10年で変わってしまった、それを食い止める何かを考えなきゃいけない。これは帰ってからずっと課題。

いつまでもいつまでも、美しい島であってほしいと願う。
そしてオジイにもたくさんたくさんカメぐらい長生きしてほしいなぁ。
また遊びに来るよー(●´▽`●)

島旅

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141001175110_121305928.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141001175110_904998539.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141001175110_696861987.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141001175110_897388219.jpg
沖縄県 慶良間諸島 慶留間島
親友の武次郎(85歳!)の家へ
「何泊でもすればいいサァ」
の言葉に甘えて、時間が許されるまで「な~んにもしない」をしにきました。

どこまでも透き通る海
降り注ぐ陽の光
天に向かって咲く花の紅
満天の星空
オジイの三線の音色
ここではすべてがカラフルです。

仕事と学校ばっかりで休みがなかったので、2年分の夏を取り戻すべく、脳みそのシワをぐんぐんに伸ばしてきます(●´▽`●)

写真は阿嘉島のニシバマビーチ
ケラマ鹿がお出迎えしてくれました(●´▽`●)