.

琉球愛歌

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141008235959_078327004.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141008235959_629150118.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141008235959_237673417.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2014/10/header20141008235959_563054242.jpg
長い沖縄の旅から無事戻って参りました。
今回の旅の後半は、台風が近付き、海にも入れなくなってしまったので
島からギリギリのフェリーで本島に渡り、何日かかけてゆっくり本島一周してきました。
これまでとはまるで違う沖縄を目のあたりにしました。
今まで私は戦争のことを勉強もしないで話も聞き流してそのまま大人になって、戦争のこととかあんまり知らないとか、怖いから聞きたくないとか、よくわかんないとか、恥ずかしい話ですがそんなふうに生きてきてしまいました。
沖縄の各所にいまだ残る戦争の傷跡と平和への祈り、
知ってて見て見ぬふりで、それで沖縄大好き!だなんて。恥ずかしかったです。
海が綺麗で、みんなが呑んで歌って踊って、明るい幸せな沖縄しか知らなかった。
わたしは何も知らなすぎた。
かといって、この旅で知ったことなんてほんの少しだけれど。
今回本島の各所を巡るうちに、
なんだかものすごく晴れていて、いつも通り波は穏やかで透き通る海なのに、
そんないつもの景色も、だんだん淋しさを纏って見えるようになって、
いつもと変わらない自分なのに、
たださとうきびが揺れてるだけで涙が出るような感覚になって、
まさに心の中に「ざわわ ざわわ」って淋しく流れてきては、山葵が遅れて利いてきたみたいに鼻の奥がツーンとなるような、そんな感じに囚われて。
いつも神様には自分のことばかりお願いしてきたけど、
この旅で、神様でもなく仏様でもなく誰にでもなく、ただ、
わたしも世界の平和を祈る日々に変わりそうです。
なぜ戦争が起きたのか
なぜ沖縄が戦地になってしまったのか
その時沖縄のひとたちがどんな戦い方をして、どんな亡くなり方をしたのか、
よく島のオジイから戦争の話を聞かされてたんだった。
でもあんまりちゃんと聞いてなかった。。。
オジイは85歳で少しずつ忘れ物も増えてるけど、いまだに当時のことは日付けも時間もはっきり覚えている。
それだけの経験をしたってことだろうけど、わたしときたら何て軽率だったんだろう。
もう一度いまの気持ちで、ちゃんとオジイから話を聞きたい。
聞いたところでわたしになんか到底わからないんだろうけれど、せめて、ちゃんと聞きたい。
きっといきなり平和を祈るとか、変なんだけど、
そんなに簡単な話ではないのだけど、
いまさらながら沖縄のそんな一面を知り、
帰宅してからいろんな文献をみたりして、それでもわたしの知り得たことなんてとても小さく、そして確かではないかもしれないけれど、
でも次沖縄に行けるときは、また違う気持ちで、違う旅になるだろうな、と。
なんにも分かっちゃいない私だけれど
せめて、
平和な今に生まれたことに感謝してもっともっと大事に大事に生きてみたいと思った。
今回はヤンバルのジャングルでも遊べたし、マングローブの探検も面白かった。
いつもと少し違う沖縄もまた、さらに素晴らしかったです。
ただ、
島から渡るフェリーが揺れすぎて、早い段階から酔ってしまったのでそれは地獄を見ました(*^^*)
もう内臓も口から出てしまうかなとか、もうこのまま死んでしまうかもしれないと思いながら、薄れる意識の中で、でも船酔いで死んだ人の話は聞いたことないよなぁ、とかぼんやり思ったりして、
フェリーを降りてからもしばらく症状が軽くならず、でもなんだか体から悪いものが全部出ていってくれたような気持ちになって、
あれから、こころなしか体質が変わったような気がして、
この旅でココロもからだもリセットされたようで、
ここからまた新しいわたしで、精一杯生きてみようと思います(●´▽`●)

Comments are closed.

Post Navigation