.

美しいもの探しの旅⑦伊万里焼の里へ

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508123325_215373452.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508123325_806374151.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508123325_985140793.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508123325_475774774.jpg
生まれてはじめての伊万里焼の里へ。
山間の茅葺屋根のお家✨
伊万里焼でできた橋の欄干✨
細道を進むと見えてくる煙突たち✨
緻密でカラフルな小さな宝物たち✨
洗練されたデザインの新しいものたち✨

伊万里の里、素敵すぎて、
もっともっと、みんなにも知って欲しいって思った。
うつわ好きにはもちろん、
うつわにそんなに興味ない人でも
たのしめる場所だと思いました。

伊万里焼はぴっちり上絵ってイメージだったけれど
青白磁の美しいうつわもたくさん並んでいた。
伊万里の山で青磁の原料となる石が採れるそう。
青磁の原料の石を初めて見たけれど
青磁がこの岩から??っていう感じの
ただの岩に見えた。
この岩からあの美しい青を生み出した先人たちの知恵と勇気に
ただただ驚かされる。

わたしは陶芸の産地ではない場所で陶芸をしているけれど、
必要な釉薬も原料も土も、
なんでも手に入るし、
絵の具や顔料の種類も豊富すぎるし
情報も豊富なので
なにかの色を出すことにさほど苦労しないし
それが当たり前みたいになってしまっていたけれど
むかしの人はきっと
美しい色を探すのもすべて手探りで、
実験と失敗を繰り返して、
400年という時をこえて、
そして便利な今があるのだなぁと、
そんなことを思った。

美しい伝統を
ちゃんと隠さずに伝えてくれたことに
感謝。

わたしも微力ながらこの伝統を引き継ぐものとして
…とか言うと大げさだけれど、
それでも美しい日本の伝統文化に携わっているという自覚を持って、
後世に伝える、とかいうよりは
自分の人生のうちで
大好きなことに夢中で取り組めることに感謝しながら
発信してゆけたらなと思う。

新しいもの、古いもの、
過去のこと、未来のこと、
自分の好きなもの、
自分のやりたいうつわづくり、
デザインのイメージ、

たくさん吸収して
脳みそ活性して
また頑張れる力をもらいました☆

Comments are closed.

Post Navigation