.

Monthly Archives: 6月 2016

You are browsing the site archives by month.

可憐カップケーキ✨

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/06/header20160618010208_313038603.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/06/header20160618010208_743151611.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/06/header20160618010208_453015147.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/06/header20160618010208_384656347.jpg
初めて見たその時から一目惚れでした?
Sakura bloomさんのフラワーケーキ?✨
今まで見たことない可愛らしさ、華やかさで
写真を見ただけで胸がキュンとしたのです?
実物に一目逢いたいなーってずっと思ってたのですが、
なんと✨直接先生からレッスンを受けることができました???
先生はそのフラワーケーキから想像つくほどの可憐な可愛らしい方でなんだか納得✨
イタリアンメレンゲのバタークリームをつくるところから丁寧に教えてくださり、
まずはバラの絞り方をデモで見せてくれました。
花びら一枚ずつをくるくるっと絞り出してバラにしてゆく?✨
魔法✨✨✨
実際に自分でもやってみる。
それぞれが好きな色にクリームを着色するんだけど
わたしのはドギツイピンクと濃い目の黄色になっちゃってまぶしい。
いくつもいくつも、練習練習練習。
たのしくてたのしくていっぱい絞ったらなんとなくわたしらしい花たちが生まれた。
カップケーキに飾ったら
ものすごくかわいくなっちゃって( 自画自賛˃̶͈ᴗ˂̶͈ )
もう永遠に飾っておきたいと思った( ˃̶͈ᴗ˂̶͈ )

女の子の小さい頃の夢に「ケーキやさん」ってよくありがちだけれど、
小さい頃から変わり者だったわたしはそういえばケーキやさんを夢見たことがなかった。
だけど大人になった今、
単純なわたしは
あ、ケーキやさんになりたいかも❤️
なんて思っちゃったぐらい
楽しくてうれしくて夢の詰まった時間でした。

先生のケーキをいつもInstagramで見ていて、
こんなケーキを貰ったら絶対嬉しいだろうなぁってずっとずっと思っていた。

自分で作ったフラワーカップケーキは
お誕生日が近い姪っ子ちゃんにプレゼントしたくて
その日のうちに会いに行った。

愛情こめこめ作ったお花いっぱいのカップケーキ✨
愛しくて、食べてしまうのがなんだか勿体なくて。
わたしはレッスン中に失敗したお花クリームをたくさん食べていたし、
レッスン後に先生のケーキをいただいていたし、
もうそれだけでお腹も満腹、こころも満腹だったのだけれど、
姪っ子ちゃんが
「カップケーキ美味しすぎてママと全部ぺろりと食べちゃった?」
って言ってくれて、
嬉しいんだけど、
嬉しいはずなんだけれど、
なんかそんな美味しいならわたしも食べたかったなぁなんて思いはじめちゃって(*^^*)
キムヅカシイおばちゃん(*^^*)

なんなんだろうこの愛しさは。

年を重ねるごとに感動することが減ってきたような気がしていたのだけれど、
また違った意味の「愛しいもの」は
どんどん増えてゆくような気がする。

自分が絞ったお花たちがブサイクなのになんだかかわいい。
なんなんだろうこの、恋にも似た、気持ちの高揚は(-^艸^-)?
もっともっとつくりたいな。

新しくできることが増えたこと、
嬉しい。
この年になってもまだまだ夢は広がってゆく( ˃̶͈ᴗ˂̶͈ )✨

雲の上の人

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/06/header20160609012700_609590913.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/06/header20160609012700_618167367.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/06/header20160609012700_461254927.jpg
なんだか悔しくて、
なにが悔しいのか自分でもよくわからないけど悔しくて、
悔しいという表現もちがうかな、
あまりに衝撃すぎて、
もう、詳しく書くのをやめますごめんなさい。
某デパートの食器売り場の一角にて今日から開催されるイベントには30名ほどの作家さんが参加するという情報を入手。
そちらにわたしが憧れてる作家さん(A子さんと呼ぼうかしら)の器たちが少しだけ並ぶというので実物にひとめ逢いたくて
((先月、益子陶器市(栃木県)まで行ったのに初日完売してて作品見れなかったのだ?))
やっぱり作品全部並んでるところを見たいから朝一かなって、
デパートのオープンが10:00からのところ少しゆとりを持って9:30ぐらいに正面玄関に行ってみる。
するとすでに10人ぐらい待ってる人がいた。
このデパートはいつもこんな感じなのかなー?なんて思いながら普通に並ぶ。
気づくとわたしの後ろにも行列ができはじめてる。
。。なんかおかしい。。
もしかして…これみんな、A子さんのうつわ目当て?とかじゃないよねー?ライバル??
まさかねー。。
一瞬そんなことを思ったら途端にドキドキソワソワしだした、、、
開店10分前になると高島屋の中から美しいお姉さまと紳士が出てきて飴とお茶を配り始めた。
なになに、なにこれ、なにが起こるの???
こんなこといつもしてるの??
初めてのことすぎてびっくりしすぎてさらにドキドキ。。。
ついに10:00になって扉が開く。
それまでボケっと待ってた民衆の目付きが突然変わり、
全員が競走馬のように一斉にスタート。
猛烈に走り出したεεε(ノ`∀´)ノ
わけもわからず自分も走るε〓(/≧∀≦)/
わたしが目指すは◯階。
みんなが目指すのもやはり◯階だった?
なにこれ、もー、超必死。
エスカレーターってこんなに走って乗るものじゃないでしょー!
みんな落ち着いてー!!
なんて心で叫ぶ自分がいちばん落ち着いてない。
あぁ、こんなことならせめてスニーカーで来るべきだった。
会場の位置なんかも事前にチェック済みだったけどもうこの流れに乗れば自動的にそこに辿り着いたわ。
A子さんのうつわの前にだけなんとロープが張られて警備員が!
あんなに走ったのにわたし7番目…
そしてわたしのうしろにはおよそ50人ぐらいの行列が…
「A子さんのうつわはひとり2個までです!」ってアナウンスにハラハラ。
かわいいかわいい蓋物も大きなお皿も手に取ってみたかったのに、
ひとめ逢えたらそれでよかったのに。。
近くで姿を見ることすらできずに
一瞬で消えてなくなった、、、
夢かこれは。
本当のこというと、
わたしはそれが欲しかったので、
それ以外はどうしようかなってところだったんだけど、
なんかもう、A子さんの作品はここで手に入れなかったら二度と手に入らない気がして
四角いお皿と五寸の丸い皿を買った。
ついでに興奮状態が覚めぬまま会場をうろうろしてしまった為、魔法にでもかかったように他の方のお皿やら蕎麦猪口やらいろいろいろいろカゴに入れていた。。
(素敵な作品がたくさんあってワクワクした✨)
A子さんのうつわを手に入れたっていう喜びよりも、なんというか、
代わりに、
なんとも言いようのない敗北感が。。
敗北感って言葉でいいの?この気持ち。。
A子さんの作品おそらく30点ほど。
イベントは今日から二週間も続くというのに、
初日のほんの2.3分で瞬く間にすっからかん完売御礼。。。
この時代にこんなこと、あるのね。
「いまは器が売れない時代だから」
なんて、かつて偉い人が言っていた。
そんなことないじゃない!
器が売れないのは時代のせいなんかじゃない!
今朝この身をもってその熱狂の渦を体感してきたのだから。。。
夢のような現実。
あの異様なまでの熱気…あまりにも衝撃的すぎて、
今思い出してもほんとに夢の中の出来事のよう。。
今日は無理だ、明日、このことについて検証しよう。
ここで言うところの検証とは、
戦利品たちを並べて隅々眺めて
士気を高める儀式みたいなものかな?

今日また改めて思ったのは
自分は器が大好きすぎるってこと。
もう新しい器がやってきたってだけで
嬉しくてキュンとする。
宝物が増えてゆく✨
自分もそんな気持ちを与えられる器を
生み出せるようにならなくては。

そう、今日気付いたことは、
自分にとって器を買う時のポイントが2種類別々にあることがわかった。

①宝物みたいに飾りたい、眺めて楽しめる器
②実際にお料理を乗せて食卓を彩ってくれる器

自分が買うのは①のパターンが多い。
自分の器もそっち寄りかもしれない。
①と②の両方を叶える器を作らなきゃいけない気がして悩むことがよくあったけれど、
それを叶える為に中途半端な表現になるぐらいなら
①と②はそれぞれ別々でそれでもよいのかもしれないなぁ、なんて、
考えすぎかもしれないけれど
明日の検証の前にこんな考察✨

とりあえず、またバチッと陶芸スイッチOnになった。かも。
A子さんは雲の上の人。
なんて呑気に言ってる場合じゃない!
わたしもやらなきゃ?

ヨコハマハンドメイドマルシェ

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/06/header20160606232921_266703762.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/06/header20160723003340_330274446.jpg
5/28(土)29(日)にパシフィコヨコハマで行われた「ヨコハマハンドメイドマルシェ」に出店しました。

誘ってもらってのグループ展ではなくて、
自分で1から調べて1人で出店っていうパターンは初めてのことで
ある意味初めての「挑戦」となったわけですが、
ヨコハマハンドメイドマルシェは3500店舗も出店するという大規模なイベントなので、
そこにお店を出すにあたり、
一瞬で目を惹くような作品づくりが必要かな、とか、
はっきりとしたお店のコンセプトだったりとか絶対必要だな、って、
いつもブレッブレのわたしもそろそろしっかりと芯を持たないといけないな、とか、
逆に、わたしは自分の個を出しすぎる傾向にあるかな、とか、
使いやすい器ってそういうことじゃないよなぁ、とか。
そんなことをぐるぐるぐるぐるぐるぐるっと、
ずっとそんなことを考えながらアタマデッカチで作品造りをしてきてしまいましたが、
実際にお店を出してみての結果、
多くのお客様が愛でてくださった作品たちは、
どちらかというと、悩みながらのアタマデッカチ作品ではなくて
楽しみながら造った、私の個がつまった作品たちだったから?
とてもとても嬉しかったです✨

いろいろなことを思ったけれど、
自分も実際に会場を見て回って思ったことは、
3500ものお店がひしめく大規模なイベントで私のお店に足を止めて作品を触ってくださるだけでも幸せなことだなぁ、なんて。
もちろん購入してくださった方々にはさらにさらに言葉にできないぐらいの感謝でいっぱいです。
たくさんの方々に自分の作品を知っていただいて、いろいろお話しできて、本当に嬉しかったです✨

搬入からお店の番から搬出まですべて1人でやるつもりでいましたが、
搬入搬出手伝ってくれたつっくん
一緒に作品売ってくれたミンミ、ザブミ、ユゥちゃん、
ほんとに助かりました✨
一人きりではここまでできなかったです。
ありがとうございました。
はじめましてのお客様、繋がれてたいへん嬉しいです✨
そしていつも来てくださるお客様にも、
改めて、とてもとても嬉しかったです✨
それから、搬入の時に仲良くなった作家さん、お隣の作家さん、後ろ隣の作家さん、自分から足を運んだ作家さん、
私の店に足を運んでくださったお店の方々、
たくさんのクリエイターの皆様と情報交換できたこと、宝物です✨
改めて、人との繋がりに感謝✨感謝です。

次のイベントまでには今回の課題クリアにできるように、
未熟ながらも少しずつ進化してゆけるようにがんばりますので
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

搬出の時間が来て、
お隣さんと挨拶して、
自分のスペースを片付けたら、
まるで夢のように、なんにもなくなってしまって、
なんだかとても淋しくて涙が出た。

夢の跡。

そう、ずっと夢だったこと、
ひとつ叶った✨
嬉しかった✨

そしてまた燃え尽き症候群になってしまいかけている。

いつものことだけど。

「カラヴァッジョが絵を1枚仕上げたら2ヶ月飲んだくれてたっていう意味が私わかるような気がする」って友達に言ったら
「またすごい人と同じ土俵に立ったもんだね」
なんて言われてしまった。

若冲展は混みすぎて諦めたけれど
カラヴァッジョには力をもらいに行きたいなぁ。