.

琉球愛歌 2016

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/08/header20160824234739_361269333.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/08/header20160824234739_056502029.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/08/header20160824234739_348963531.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/08/header20160824234739_369885399.jpg
沖縄県ケラマ諸島 慶留間島(げるまじま)
武次郎オジイに会いに行ってきました✨
武次郎オジイはこのブログにも時々出てきますが
約10年前 わたしが慶留間島に住み込んでダイビングのお手伝いをしていたときに出会い、仲良くなりました✨
私の最年長のお友達です✨
87歳でも現役で島の重要文化財「高良家」の管理人をしていて
お客様が来ると高良家の説明をひととおりしたあとに三線を披露してあげるという、素晴らしい接客ぷりです✨
この春にオバアが天国に旅立ってしまい、
オジイを元気にしてあげたくて会いに行ったのですが
逆に私の方が元気をたくさんもらってしまいました✨
2年ぶりに入った島の海は、
サンゴがのびのび生きていて
お魚がいっぱいで
島の景色も変わらず美しくて
ホッとしました✨

今回はじめて渡嘉敷島にも渡りました
わたしは生きてるうちに沖縄県の有人離島をすべて巡ろうと思っていますが
このたび渡嘉敷島はわたしの17個目の離島となります✨
(帰る日に久高島にも渡りました✨これで18個です✨)
渡嘉敷島の海は大きなお魚がいっぱいで向こうから寄ってきたのでびっくりです!
餌付けされてるのかなー?
そして人の多さにもびっくりでした!
ここケラマ諸島の海はやっぱり世界一美しいと思います✨
こんな素晴らしい大自然と縁があったこと、
素敵な武次郎オジイとずっと繋がっていられること、
幸せです✨

島にいる間に実は私、ひとつ歳を取りました( ˃̶͈ᴗ˂̶͈ )
武次郎オジイが喜んでくれて
三線で めでたい節 と 祝い節 を歌ってくれました✨
オジイの三線を聴くといつも涙が出てくる。
喜びも悲しみもかき混ぜる三線の響き
いつまでもいつまでも聴いていたかった。

小さい頃から海が大好きでした。
わたしが馴染んできた鵠沼海岸の海と
オジイが暮らす慶留間島の海
全然違うけどどちらも大好きな海
海が繋いでくれたオジイとの縁
オジイとの縁が繋いでくれた数々の縁
みんな繋がっているんだなぁなんて思ったらジーンときた。

いつも沖縄に来るたびに、あぁやっぱり沖縄で暮らしたいって本気で思っていたけど
この旅では不思議とそうは思わなかった。
わたしはわたしで、自分の街で、
自分の暮らしを楽しみながらやってゆこうって思いました。
こんなこと初めてです笑
すこし大人になれたのかな?

武次郎オジイとの素敵な時間✨
いつまでも長生きしてほしいな、
そしてまた会える日を楽しみにわたしもがんばろうって思いました✨

台風が近づいてきてしまったので1日早く島をでることになり
時間がなくて静子オバアのお墓参りができなくなってしまい泣いたら
オジイが「沖縄には御通しという文化があるから大丈夫」
と教えてくれました。

沖縄はお仏壇から願いを届ける文化があります。
お仏壇に手を合わせたら思いは通じます。
御通し(おとおし)と言う文化で、
お仏壇がないお家では台所から御通しをします。
みんなが幸せに暮らせますように!
とか、出勤前に手を合わせたり、寝る前に、
今日も一日ありがとうございました。とか、祈ったりします。

だから、お仏壇で深々と御通しすればおばあも聞いてくれてるよ!
って、そんな言葉に、
また涙が止まらなくなりました。

神がかっていますが、
ここでは先祖や八百萬の神に守られていると信じているのです。

神頼みじゃないですが、
手を合わせて祈るうちに心が洗われて、迷いも解けていくようです。
不思議な文化です。

沖縄は島ごとに神様の信仰が厚く、
そしてここには本当に神様がいるような気がします。

オバアと話した言葉、
オジイと過ごした時間、
いろんなこと思い出しながら
わたしもお仏壇の前でオバアとたくさんの会話をして、
オジイがたくさん長生きできるようにお願いしてきました。

わたしの第二の故郷 慶留間島。
なかなか時間をつくらないと来れない場所だけど
これからはわたしも家から御通ししてみようかな、
いつまでも美しい自然が続いていくように、
いつまでもオジイが元気で暮らせるように、
そしてまたすぐに会えるように。

オジイと何度も何度も握手をして島を出た。
またすぐ来れるのに、オジイとのバイバイはいつも辛くて涙が出てしまう。

またすぐ会いにいくね。
会いに行けるように、わたしもわたしの暮らしをがんばるね。

素敵な時間をありがとうございました。

Comments are closed.

Post Navigation