.

葛飾北斎先生☆

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2017/08/header20170823002224_757602169.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2017/08/header20170823002224_678814829.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2017/08/header20170823002224_024752967.jpg
すみだ北斎美術館へ。
開館記念展「北斎×富士 ~冨嶽三十六景 富嶽百景 揃いぶみ~」
ギリギリ最終日✨
すべりこみ鑑賞してきました✨

富嶽百景のあとがき。
「己六才より物の形状を写の癖ありて
半百の此より数々画図を顕すといえども
七十年前画く所は実に取るに足ものなし
七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格
草木の出生を悟し得たり
故に八十六才にしては益々進み
九十才にして猶其奥意を極め
一百歳にして正に神妙ならん与欠
百有十歳にしては一点一格にして生るがごとくならん
願くば長寿の君子予言の妄ならざるを見たまふべし」

現代の文書にすると

「私は六歳から物の形を写生する癖があり
五十歳の頃から数々の画図を本格的に描いてきたが
七十歳までに描いたものは、実に取るに足りないものばかりであった
七十三歳でようやく鳥獣虫魚の骨格や
草木の出生を悟ることができた
ゆえに八十歳になればますます向上し
九十歳になればさらにその奥義を極めて
百歳でまさに神妙の域を超えるのではないだろうか
百何十歳となれば一点一格が生きているかのようになるだろう
願わくば長寿を司る神よ
私の言葉が偽りでないことを見ていてください」

富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」は
北斎が71歳の時の作品。
北斎は88歳まで描き続けた。

わたしはまだ、うつわ作りを始めて間もないのに、
悩んで悩んで、やめてしまおうかと思う日もあったりする。
でも、
続けてみようと思った。
自分なんて、まだまだだ。

わたしは100歳まで生きようと思っている。
そう考えたら
わたしなんか、まだまだヒヨッコだ₍ᐢ⑅•ᴗ•⑅ᐢ₎♡
このまま続けていたら、こんなわたしでも、いつか神の領域に達することができるかな。
やってみたいな、おばあちゃんになるまで(๑´ڡ`๑)

それはそうと!
この美術館は建物も面白い!
調べてみたら、大好きな金沢21世紀美術館とおなじ、妹島和世さんのデザインでした!
女性の建築家さんです☆
こういう分野での女性の活躍が嬉しくて、なんだかパワーもらえました(*´꒳`*)

Comments are closed.

Post Navigation