.

Monthly Archives: 5月 2016

You are browsing the site archives by month.

美しいもの探しの旅⑧帰宅して思うこと

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508125346_260683116.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508125346_731390536.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508125346_685219284.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508125347_785347846.jpg
九州から本州へ
海底を歩いて渡れることを知った✨

初めての和歌山県
白浜の真っ白海岸
海に続く露天風呂

大阪の安すぎるスーパー
活気がすごすぎる商店街

同じ日本なのに景色も空気も人も地元とはまったく違った。

いままで自分が思う常識とは自分中心すぎたことに驚きと恥ずかしさを覚え、すこし大人になれたかも。

大阪の叔母ちゃんの家でずいぶんお世話になってしまった、ご飯が美味しすぎて幸せだったなぁ。

日本にはまだまだわたしの知らない素敵なものがたくさんある。
少しずつあつめて、
ぜんぶ力に変えて、
自分も豊かになれたらいいな✨

1ヶ月に及ぶ長い旅になった。
美しいものをたくさん集める旅にしようと思っていたけれど、
帰ってきて気づいたこと、

非日常から作り出される美しさもいいけれど
日常から見つける美しさもまた
魅力的にみえた。

いつもの景色、いつもの場所、
そこからでも、いくらでも美しいものは見つけられる。

だから欲しいものはあんまりないことに気づいた。
ここからみえるものの中から
いくらだって見つけたいと思った。

自分が住む街の素敵なところも
また新しい目で耳で感覚で、
見つけてみようって思った。

「いつもの景色、いつもの場所」
が必ず明日もあるとは限らないから
今日、今、この時間を
さらに大事に、丁寧に、暮らしてゆきたいと思う。

美しいもの探しの旅⑦伊万里焼の里へ

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508123325_215373452.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508123325_806374151.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508123325_985140793.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508123325_475774774.jpg
生まれてはじめての伊万里焼の里へ。
山間の茅葺屋根のお家✨
伊万里焼でできた橋の欄干✨
細道を進むと見えてくる煙突たち✨
緻密でカラフルな小さな宝物たち✨
洗練されたデザインの新しいものたち✨

伊万里の里、素敵すぎて、
もっともっと、みんなにも知って欲しいって思った。
うつわ好きにはもちろん、
うつわにそんなに興味ない人でも
たのしめる場所だと思いました。

伊万里焼はぴっちり上絵ってイメージだったけれど
青白磁の美しいうつわもたくさん並んでいた。
伊万里の山で青磁の原料となる石が採れるそう。
青磁の原料の石を初めて見たけれど
青磁がこの岩から??っていう感じの
ただの岩に見えた。
この岩からあの美しい青を生み出した先人たちの知恵と勇気に
ただただ驚かされる。

わたしは陶芸の産地ではない場所で陶芸をしているけれど、
必要な釉薬も原料も土も、
なんでも手に入るし、
絵の具や顔料の種類も豊富すぎるし
情報も豊富なので
なにかの色を出すことにさほど苦労しないし
それが当たり前みたいになってしまっていたけれど
むかしの人はきっと
美しい色を探すのもすべて手探りで、
実験と失敗を繰り返して、
400年という時をこえて、
そして便利な今があるのだなぁと、
そんなことを思った。

美しい伝統を
ちゃんと隠さずに伝えてくれたことに
感謝。

わたしも微力ながらこの伝統を引き継ぐものとして
…とか言うと大げさだけれど、
それでも美しい日本の伝統文化に携わっているという自覚を持って、
後世に伝える、とかいうよりは
自分の人生のうちで
大好きなことに夢中で取り組めることに感謝しながら
発信してゆけたらなと思う。

新しいもの、古いもの、
過去のこと、未来のこと、
自分の好きなもの、
自分のやりたいうつわづくり、
デザインのイメージ、

たくさん吸収して
脳みそ活性して
また頑張れる力をもらいました☆

美しいもの探しの旅⑥有田 波佐見 うつわ散歩

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508111326_186516268.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508111326_442978341.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508111326_135456583.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160508111326_951595736.jpg
この旅のメイン、有田 波佐見へ。

有田焼、波佐見焼が大好きです。
どちらも磁器のうつわたち。
波佐見焼はモダン、有田焼は伝統、
みたいな先入観でしたが、
そんな簡単な言葉でひとくくりにはできない魅力が山ほどです✨

まず、有田焼のコーヒーカップ2000客からカップを選んでコーヒーを淹れて貰えるという噂のカフェへ。
2000客は言い過ぎなんじゃないかなって思ってましたが、
実際行ってみたら、2000以上あったかも✨
コーヒーカップでお店の壁が埋め尽くされていました(●´▽`●)
素敵空間(●´▽`●)
これだけあると好き嫌いがいろいろありそうなものですが、
でもどれもこれも素敵で大好きで迷いすぎて迷いすぎて、
この迷う時間も楽しくて✨
贅沢な時間でした✨
このお店がご近所さんだったら毎日来たいと思いました(●´▽`●)

波佐見焼はその洗練されたうつわのイメージから街中にあると思い込んでいたけれど、
お山を登った先に煙突が見えて、いい意味で産地らしい佇まいで、
わくわくしました✨
素敵なギャラリーも点在していて
まるで宝探しのよう。

有田焼も波佐見焼も
自分の頭の中にあったイメージとは少しずつ違って
古い伝統的なものも新しいモダンなものも
見るものすべて新しく
産地ならではのうつわの息吹きというか
産地ならではの輝きというか、
同じものをこちらのデパートで見るのとは
感動も違っていて
そんな気持ちも新鮮で
嬉しくて
やっぱりうつわが大好きだと再確認しました✨

時間が許されるならすべてめぐりたかったな(●´▽`●)

美しいもの探しの旅⑤愛しの大分 熊本へ

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160502092619_485086277.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160502092619_844462665.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160502092619_329214455.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2016/05/header20160502092619_837303891.jpg
美しいもの探しの旅をちょこちょこアップしていますが実は1ヶ月遅れでの記事です。
ことし3月、
四国からフェリーで大分に渡り、
初めての別府温泉へ。
「地獄めぐり」
スカイブルーの海地獄 褐色の血の池地獄 ぼこっぼこっと泥の泡がおどろおどろしい坊主地獄…
山地獄では温泉カピバラさんと温泉カバさん(●´▽`●)
ここ毎日来たい!って
大好きな場所になった。
そして湯布院へ。
この日は雪がちらついていて身体が芯から冷えて、
まず湯布院に着いてすぐに共同浴場で温まり癒され、
温泉街をぶらり歩いて癒され、
帰り際にまた共同浴場で温まり
癒しと元気をもらった。
そして阿蘇ドライブ
空に続く天空の道、
広大な草千里
深呼吸が気持ち良い場所。
空気が透き通っていて呼吸するごとに身体ごと細胞からリフレッシュする感覚。
新緑の季節にまた来たいと思った。
それから大好きな熊本城へ。
何気に日本の城が好きです。
特別日本史に詳しい訳ではないのですが
城に行くと、自分ならどこからどのように攻め落とせるかなって考えます(*^^*)
しかしここ熊本城の「武者返し」の異名を持つ石垣は圧巻で、反り返ったその姿はさながら堅牢たる中世の要塞のよう。
どこにも攻め入る隙がなくもう完敗でした。
難攻不落、鉄壁の要塞でした。

そんな鉄壁の石垣をも崩してしまうような、突然の大きな地震のニュース。

半月たってもまだまだ余震の続く大分と熊本。

わたしにできることは少なく
ほんの少しの募金しかできなかったけれど。
どうか、安心して生活できる日が一日でも早く訪れますように。。。

当たり前の明日なんて無いことを知る。
わたしは、精一杯「いま」を大事に生きてみようと思う。

1日1日大切に丁寧に暮らしてみようと思う。

大好きな大分 熊本。
たくさんの力をもらった場所。
1日も早い復旧をお祈りいたします。