.

Monthly Archives: 6月 2017

You are browsing the site archives by month.

有田焼留学 出発の朝

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2017/06/header20170622084304_845569690.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2017/06/header20170622084304_115990190.jpghttp://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2017/06/header20170622084304_872430051.jpg
最後の最後、出発の朝に幸楽窯さんに挨拶に立ち寄ったら
とんでもないサプライズが待っていました✨
じつは幸楽窯さんとコラボした器の商品化が決まり
佐賀新聞さんに取材していただいたのですが その記事が 出発の朝、今朝、朝刊になりました✨
わたしは知らされておらず
ジャジャーンって手渡されたプレゼントに
こらえていた涙がダーって溢れてきました。

そう、実はこの有田焼留学は
商品共同開発プロジェクトを提案していただいたことから始まりました。
有田焼の老舗窯元「幸楽窯」さんの20年のベストセラー”鶴の銘々皿”の相方の亀さんがずっと不在とのことで
わたしにデザインさせてもらえたらなぁぁっていうことで
勉強も兼ねて1カ月滞在させていただいたのです。
「石井さんがつくった亀のお皿」なんて取り上げ方をしてくださっていますが
わたしがつくったなんてとんでもなくて
わたしは亀さんのお皿をイメージしてデザインしただけです。
そうしたら原型師さんが石膏を彫ってくださり、わたしの絵がお皿になりました✨
もうこの段階で感動なのですが、
次は絵付け師さんの出番で
わたしがそのお皿の模様をふわっとイメージして伝えましたら
絵付け師さんがさらりと模様を描いてくださり、幸楽窯らしいお皿が出来上がったのです✨

1人では何もできなかったのです。

発案者のプロデューサー様
イメージを伝えてくださった社長様
わたしの絵をお皿にしてくださった原型師様
わたしのイメージを幸楽窯らしい柄にしてくださった絵付け師様

そしてこの先は
生地を作ってくださる方
生地を焼いてくださる方
生地に釉薬をかけて本焼きしてくださる方
本焼き後に絵付けをしてくださる方
上絵の窯で焼いてくださる方
検品してくださる方



その場面 場面のスペシャリストさんの手で一枚のお皿が出来上がってゆきます。
それが「有田」のスタイルということ。
自分がデザインしたものが商品になるという過程でよくわかりました。

たった1カ月でしたが
きっと、私ひとりきりでは一生かけても学べなかったことを学べたように思います。濃い時間でした。
幸楽窯さんに居た1カ月間。
こんな余所者のわたしに温かく居場所を提供してくださったこと
みなさん お仕事中でも丁寧に質問に答えてくださり 教えてくださいました。

語りつくせないほどの経験と
感謝しきれないほどの出逢いの数々
抱えきれないほどの宝物になりました✨

わたしはとんでもなく幸せ者です
ありがとうございました✨
そして これで終わりではなく
これからです!がんばります!

有田焼留学30日目 最終日

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2017/06/header20170622083434_442493034.jpg
有田焼留学 30日目 最終日
いろんな思いをめぐらせ眠れず深夜2時 カエルの大合唱の中 留学日記をつけている?♪
奇跡のような出逢いで始まった夢のような企画✨
いろんなことがあったけれど予想していたよりも遥かに実りの多い 充実した30日間でした✨
有田焼は「分業」
それぞれの分野にスペシャリストが居て そのスペシャリストたちがそれぞれの工程で最高の技術を駆使して一枚のお皿が出来上がっている。
わたしはいままでひとりきりで
自分のなかの常識でやきものをやってきたけれど本当に小さな小さな世界だったことを知った。
有田に来てから毎日毎日衝撃の連続で
本当にあっという間に1日が終わってしまい そして30日間もあっという間に終わってしまいました。
ここで学んだこと一つも忘れたくないので 帰ってから 次はひとりで 頑張ってみようと思います。
また悩むことがあっても
有田にわたしの先生がいっぱいできたので心強いです✨
明日の今頃はもう横浜にいるなんて
なんだか信じられないな。
まぁ泣いたり笑ったり悩んだり喜んだりと忙しい1カ月でした。
毎日ここに日記をつけたかったけれど 色々精一杯でなかなか書けなかったことがたくさんたくさんあるので帰ってから少しずつ思い出しながら書いていこうかなと思います。
素晴らしすぎる宝物な経験の数々
わたしは幸せ者だと改めて思います✨
なんだか卒業式みたいな気分(-^艸^-)
素晴らしい経験をありがとうございました✨
また必ず来れるようにがんばります!
有田で英語も学ぶつもりが
英語は上達せずに なんだか日本語が下手になって帰りますよ(-^艸^-)
*
My time in Arita was in the blink of an eye.
辛いこともあったけど楽しかったな、の表現は英語だと”Bittersweet”と表現するそうです。
まさにBittersweet ✨な日々でしたが清々しい気持ちを持って帰ります✨

有田焼留学 28日目

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2017/06/header20170622083239_908464922.jpg
今日は月が綺麗な夜でした?
自分は世渡りが上手いほうかもしれないと時々思っていて
自分の実力以上に周りの方々の支えでもってフワッと浮かんでいたりして
そして何でも楽天的に考えるほうで
そして自由に生きてきてしまったせいで
自分が悩まないことで悩んでいる人のことをどうしてあげたらよいのかわからなくて
悩みを聞いてあげたところでどうにもできなくて
でも自分だけうまく世を渡ってしまったような気がして
そしてこんなこと書いてしまうことさえ偽善な気がして
多分わたしが悪いわけじゃないんだけど なんだか罪深い気持ちになった
そんな夜。
*
昨日も深夜にたくさんイノシシが出たと聞いた??
いろんなことがあったけれどわたしは有田が好きで 有田にきて良かった。
有田焼留学28日目 のこりあと2日。
“月が綺麗ですね”
って言葉で有田が好きだと表現してみる。
私は いままで生きてきたなかで
わりと長い時間をかけて色々な土地で暮らしてみた経験がある。
日本という国は 同じ国なのに そしてお隣同士の県でも 文化が少しずつ違っていて
良くも悪くも「有田」という土地はそれが顕著な気がする、それは歴史があるからこその良さであり、歴史があるからこその難しさでもあるのかなと
たった1カ月暮らしたぐらいで何もわからないかもしれないけれど
なんというか
うまく言えないけれど
いろいろあるけれどそれでも
わたしは、有田が好きだと思った。
それは、わたしがあの人を好きなように
また別のあの子はまた別の人を好きなように
別々の感情でも、別々の感じ方でも、いいのではないかということにして
今日はあまり考えすぎずに
わたしはあとのこり2日をどう過ごすか、
明日の朝は気持ちを切り替えて
いけるかな?いけないかな?
せっかくなので楽しみたいなと思いました。

有田焼留学 24日目

http://cacao.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/291/2017/06/header20170606214423_914156217.jpg
2017年6月3日(土)晴れ☀️
黒髪山のてっぺんまで登ってきました✨
*
今日のお昼までが私の有田焼留学最後の本焼き窯のリミットで
連日朝6時からバッッタバタで
なんとか正午ぴったりに釉掛けが終わって息つく間もなく
台湾人のイザベラちゃんと共に
社長様に連れられてのプチクライミング?
お天気よすぎて絶景✨
とても気持ちよくて とても楽しかったです✨
有田で勉強できるのはあと一週間。
悔いのないように1日1日すごしたいです✨